ホーム > 妥協しない治療過程のこだわり > 歯の根の治療
歯周病治療
プロビショナル
歯の根の治療
形成・印象・補綴
解析・デザイン
歯科技工

根管治療とは、むし歯が歯の神経(歯髄)まで達している場合に、歯の神経が入っている管(根管)から歯髄を除去し、根管内を無菌状態にしたうえで、薬を詰める処置を意味します。

この根管治療は一般的には再治療になることが多く、細菌に感染した組織を完全に除去し、根管内に細菌が入らないように細心の注意を払ったうえで、薬でしっかりと密閉しないと、歯の根の先端に膿ができる根尖病巣と呼ばれる感染症が発症してしまいます。このような場合には、再度根管治療を行うか、最悪の場合、抜歯する必要があります。
もし再治療や抜歯が必要な状況になってしまえば、折角入れた美しい歯も台無しです。だからこそ、正しく機能する持続的な美しさのためには、正確で精密な根管治療が審美歯科治療の前提として必須なのです。


むし歯が神経まで達してしまうと根管治療が必要となります。
まず神経が露出するところまで歯を削ります。
専用の器具で歯の神経を完全に除去します。
無菌状態にしたうえで、専用の薬を詰め、密閉します。

当院で実際に行った根管治療
他院で行った根管治療がうまくいかず根尖に病巣ができています。(左)
治療後には、薬が根管の先端までしっかりと詰められ、病巣がなくなっているのがわかります。(右)


根管は途中で曲がっていたり、いくつにも枝分かれしていたりする非常に複雑な形態をしています。その形態を視覚的に完全に把握することは困難です。そこで必要になってくるのが歯科用CTになります。

対象となる部位を表面的にしか捉えることのできないレントゲン撮影には限界がありますが、CTを活用することによって、歯根の形態や位置を正確に把握することができます。

根管治療は、歯の神経の処置を行い薬を詰めた後に、コアと呼ばれるクラウン(かぶせもの)の土台を装着し終了となります。このコアには金属製のメタルコアやプラスチック製のレジンコアなどがありますが、当院では、ファイバー製のファイバーコアを使用します。ファイバーコアは、生体親和性が高く、適度な強度と弾力性があるため、破折したり、歯根を傷める可能性が低い、優れた土台です。さらに、コアの色は人工歯の表面に反映し、仕上がりの色調に影響を与えるため、当院では複数色のファイバーコアを用意し、仕上がりの色調に適したコアを選定し、使用しています。

メタルコアからファイバーコアへ
根管治療後、術前に使用してあったメタルコアをファイバーコアに変更しています。セラミッククラウンはコアの色を透過するため、ファイバーコアにすることで審美性が向上します。

こだわりSTEP3 解析・デザインへ
こだわりSTEP1 歯周病治療へ戻る。
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病