ホーム > 妥協しない治療過程のこだわり > 解析・デザイン
歯周病治療
プロビショナル
歯の根の治療
形成・印象・補綴
解析・デザイン
歯科技工

東京マキシロフェイシャルクリニックの審美歯科治療では、1つ1つの歯の色調や形態にこだわるのはもちろん、全ての歯が並んだときの歯と歯の、そして歯茎までも含めた、全体としての美的調和を大切にしています。

そして、“口腔内全体を1つの単位”として捉えるならば、建物や複雑な機械を作るときに図面や設計図が必要になるのと同じように、実際に治療に入る前にその設計・デザインが必ず必要となってきます。
狭義の審美歯科治療に着手する前の準備段階こそが広い意味での審美歯科治療であり、そのクオリティーが最終的な審美性を決定する要因になるのです。

実際に治療に入る前に、模型上でワックスを使用したシミュレーションを行います。これをワックスアップと呼びます。ワックスアップでは、患者さまにもご確認いただき、治療後をイメージしながら、歯の1つ1つの形態、そして全体しての美的調和をデザインしていきます。

東京マキシロフェイシャルクリニックの審美歯科治療では、“口元をデザインする”という観点から一般的に美しいとされる割合や比率を基準に、患者さま固有の個性を組み入れたデザインを行っています。

笑顔になったときに見える上の前歯の先端のライン。このラインが下唇の内側のラインに沿っているととても美しく仕上がります。
歯の大きさの比率は、ゴールデンプロポーションと呼ばれる「1.618:1」の理想的な比率を基準に全体の歯並びを美しく表現していきます。

ミッドラインとは、左右の前歯が接する縦のライン。
このラインが垂直であることが美しさの基準となります。また、左右の歯の高さを結んだラインに対して垂直であることも大切です。
歯と歯ぐきの境目のライン。歯と歯ぐきの境目はエマージェンシープロファイルとも呼ばれ、ここをどれだけ自然に見せられるかが重要になります。特に歯冠乳頭部は美しく見えるかどうかに大きな影響を与えます。
こだわりSTEP4 プロビジョナルへ
当院で行った美しい治療結果を見る。 詳しくはこちら
こだわりSTEP2 歯の根の治療へ戻る
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病