ホーム > クラウン
クラウン
インレー
ラミネートベニア
ダイレクトボンディング
インプラント
歯周形成外科
ブリッジ

クラウンとは、天然の歯を全体的に削り、削った天然歯の上に人工の歯を被せる治療法です。むし歯が神経まで達してしまっている場合や、歯の向き、形を大きく変えたい場合に行います。歯の神経を伴う場合には、天然の歯にコアと呼ばれる土台を装着し、その上にクラウンをセットします。クラウンには、使用する素材によりいくつかの種類がありますが、ここでは当院でもっとも一般的に使用している、ジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウン、メタルボンド、ハイブリッドセラミッククラウンをご紹介します。

ジルコニアセラミッククラウンとは、ジルコニア製の裏打ちにポーセレンと呼ばれるセラミック素材を盛り付けた被せ物です。
【審美性】
白く光を透過する裏打ちを使用することで、とても美しく自然に仕上がります。

光透過度比較


ただし、隣りの天然歯に色調を合わせるなど、繊細な再現性ではオールセラミッククラウンに劣る場合があります。
【生体親和性】
金属アレルギーをお持ちの方にも使用することができます。
【強度・耐久性】
噛む力が強い奥歯や連結冠(ブリッジ)にも使用することができます。高強度のため、メタルボンドを代替する治療法として採用されていますが、ジルコニアの裏打ちにはある程度の厚さが必要なため、歯の大きさや他の歯との空間次第では使用できない場合もあります。

オールセラミッククラウンとは、アルミナ製の裏打ちにポーセレンと呼ばれるセラミック素材を盛り付けた被せ物です。ケースによっては、e.max製の裏打ちにポーセレンを盛り付ける場合やe.maxで被せ物全体を作製する場合もあります。
【審美性】
白く光を透過する裏打ちを使用することで、とても美しく自然に仕上がります。特にアルミナコーピングのオールセラミッククラウンは、隣りの天然歯に色調を合わせるなど、繊細な再現性ではジルコニアセラミッククラウンに優る審美性を誇ります。
【生体親和性】
金属アレルギーをお持ちの方にも使用することができます。
【強度・耐久性】
噛む力が強い奥歯や連結冠(ブリッジ)の適用には制限があります。

メタルボンドとは、金属製の裏打ちにポーセレンと呼ばれるセラミック素材を焼き付けた被せ物です。
【審美性】光を透過しないため、ジルコニア/オールセラミッククラウンには劣ります。また、金属の色素が歯ぐきに沈着したり、金属の裏打ち部分が歯と歯ぐきの境目に露出したりするブラックマージンができる可能性があります。

【生体親和性】
金属を使用しているため、錆びたり、アレルギーを引き起こしたりする可能性があります。
【強度・耐久性】
噛む力が強い奥歯や連結冠(ブリッジ)にも使用することができます。また、メタルは薄くても使用することができるため、スペースが少ない場合にも適用できるという利点があります。

ハイブリッドセラミッククラウンとは、金属製の裏打ちにハイブリッドセラミック素材を焼き付けた被せ物です。場合によっては、金属の裏打ちを使用せず、被せ物全体をハイブリッドセラミックで作製する場合もあります。当院では、最終補綴物としても使用しますが、主にセカンドプロビジョナルとして採用しています。
【審美性】
色彩表現に限界があり、時間の経過とともに変色します。
また、金属の裏打ちをする場合には光を透過せず、ブラックマージンができる可能性もあります。
【生体親和性】
金属を使用しているため、錆びたり、アレルギーを引き起こしたりする可能性があります。
また、ジルコニア/オールセラミッククラウンやメタルボンドに比べ、表面に細菌が付着しやすいという特徴があります。(保険診療で使用するプラスチックや金属のクラウンよりは少ない。)
【強度・耐久性】
噛む力が強い奥歯や連結冠(ブリッジ)にも使用することができます。
特に、弾力性があり、適度にすり減るため、噛む力が強い方や歯軋り・くいしばりの癖がある方への治療に適しています。

妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病