ホーム > ラミネートベニア
クラウン
インレー
ラミネートベニア
ダイレクトボンディング
インプラント
歯周形成外科
ブリッジ

ラミネートベニアとは、歯の表面(エナメル質)を0.5~0.7mmだけ薄く削り、歯の形に加工した薄いセラミックを貼り付ける治療方法です。

気になる歯の色や形を美しくしたり、前歯の隙っ歯を治したりする場合に行います。若干であれば歯並びをキレイに見せることもできます。(大幅に歯並びを改善する場合には、矯正治療やクラウンでの治療が必要になります。)ラミネートベニアは、クラウンに比べ、治療にかかる期間・通院回数が少なく、天然歯への侵襲も少ない治療法となっています。

ラミネートベニアは、クラウンよりも、外れたり割れたりする可能性が高い治療法ですが、最近ではe.max Impulseといった従来のものよりも強度の高いラミネートベニア専用のマテリアルも出てきています。さらにラミネートを接着するペーストも従来のものより接着性の高い素材が開発されています。歯科医師によっては、外れる、割れるといったリスクを嫌って、ラミネートベニア治療を避ける傾向がありますが、適用の範囲内であれば、最新のラミネートベニア治療はクラウン治療よりもメリットの大きい治療法となっています。

とても自然に美しく仕上がります。
治療期間が短く、通院回数が少ない。
天然歯を削る量が非常に少ない治療法です。
歯軋り・くいしばりの癖がある方や咬み合わせによっては、外れたり欠けたりする可能性があります。
歯の向き、形を大きく変えたい場合には、適用に制限があります。

ラミネートベニア治療では接着に使用する素材もその仕上がりの美しさに大きな影響を与えます。ラミネートベニアは非常に薄くつくられているため、接着に使用する素材の色が表面の色に反映します。折角補綴物を理想の色に仕上げたとしても、接着用のマテリアルの選定を行わなかったために、想定していた色調を再現できないといったことがありえます。

東京マキシロフェイシャルクリニックでは、トライインペーストと呼ばれるペーストを使用し、色調への影響を事前にシミュレーションしたうえで、数十色用意してある接着性レジンセメントの中から最適なものを選定し、使用していきます。最高の美しさを表現するために、直接には見えない細かな工程にこそこだわっていくのが東京マキシロフェイシャルクリニック流の審美歯科治療です。

妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病