ホーム > インプラント
クラウン
インレー
ラミネートベニア
ダイレクトボンディング
インプラント
歯周形成外科
ブリッジ

歯科用インプラントとは、人工関節や人工心肺などにも使用される純チタン製の人工の歯根を意味します。インプラント治療とは、失ってしまった歯の部位にこのインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
歯を失ってしまったときの治療法としては、インプラント治療のほかにブリッジ治療や入れ歯治療がありますが、インプラント治療は、ブリッジや入れ歯のように隣りの歯に侵襲・負担を加えることがない優れた治療法です。

とても自然に美しく仕上がります。
隣りの歯に侵襲・負担を加えることがない。
手術が必要となります。
治療期間が長くなる傾向があります。
当院のインプラントに対する姿勢はオフィシャルホームページのインプラントページをご覧ください。
インプラントはもともと審美性の高い治療法ですが、当院ではより一層の自然な美しさを求め、インプラント治療に取り組んでいます。ここでは東京マキシロフェイシャルクリニックの審美的なインプラント治療についてご紹介します。

フィクスチャーとは、歯の根の代わりとなる人工歯根の部分を意味します。当院では、世界シェア1位、2位、世界でもっとも信頼と実績と歴史のある、ノーベルバイオケア社とストローマン社インプラントを採用していますが、2社が販売しているインプラントだけでも数多くの種類があります。

前歯部などの高い審美性を要求されるケースでは、フィクスチャーの選定も重要なファクターとなるため、当院の審美的なインプラント症例では、アクティブインプラントやボーンレベルインプラントを選択しています。これらのインプラントは、インプラント径よりもアバットメントの径を小さくして段差をつける接合形状を採用することで、プラットフォーム(フィクスチャーの上面)上に骨再生のためのスペースを用意しています。この特徴により、フィクスチャーを骨縁下に埋入し、プラットフォーム上に骨再生を誘導することができ、骨に裏打ちされた歯肉が理想的な形態の歯間乳頭を再現し、長期にわたり退縮しない審美的な歯ぐきの形態を維持します。

フィクスチャーに装着する、歯の土台部分をアバットメントと呼びます。通常アバットメントにはチタンという生体親和性の高い金属を使用しますが、高い審美性が要求されるケースではジルコニア製のアバットメントを使用します。ジルコニアはチタンに比べ、汚れや細菌が付着しにくいといった衛生面での優位性だけでなく、ジルコニアセラミッククラウンと併用することで、内部の金属色を反映させることのない、光を透過する美しい仕上がりを実現します。


さらに、インプラント治療では清掃性の面から意図的にアバットメントを若干露出させる場合があります。また、時間の経過とともに歯ぐきが衰えアバットメントが露出したりすることもあります。このような場合でもジルコニアアバットメントなら歯と歯ぐきの境目に金属色が露出することがなく、美しさを保つことが可能です。




こちらは、実際に当院で行ったジルコニア製のアバットメント&クラウンによるケースです。

インプラント周囲炎という言葉を聞いたことはありますか?これは、歯周病によりインプラントが抜け落ちるといった症状です。意外と知られていませんが、インプラントも天然の歯と同じように歯周病になることがあります。
「正しく機能する持続的な美しさ」を“審美歯科治療”と捉える当院では、このインプラント周囲炎の存在を見過ごせません。

これからインプラントを受ける方には、インプラント周囲炎にならないように、他院でのインプラントに問題が発せしてしまった方へは、インプラント周囲炎治療を…。東京マキシロフェイシャルクリニックでは、インプラント治療で“本当の意味での美しさ”をご提供いたします。

インプラントで失敗しないために 歯周病治療について
インプラント治療をされたことがある方へ。 インプラント周囲炎について
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病